ブログ

ゾッとする話!!&アーミーの戯れ言

どうも、アーミーです‼️
今日はリフレに一切関係無いのですが、夏の風物詩(まだ夏かは分かりませんが笑)ぞっとする話をして行こうかなと思います。

幽霊系と人間の怖い話の二つがあったのですが、現実味のある人間の怖い話をしたいと思います!
因みに…僕の実体験なので、実話です。
是非、僕がぞっとした実体験を聴いてみてください。
因みに、怖くなってしまっても、責任は取りません笑
クレームも受け付けません笑
見れなそうと思った方は、ここで止めることをお勧めします。

では、本題に入りたいと思います。

一昨年の話なのですが、仲の良い友達の家に泊まりに行った時の話です。

某地域で、その友達も「ここあまり治安良くないんだよ〜」とは聞いていましたし、外灯もほぼ無く薄暗い場所です。
また、ある日ほぼ新品の自転車の鈴が、根本から折られていて、カゴに入っていたこともあります。
それから、深夜にコンビニ行こうとするとアパートの三階から見下ろしていたりと、変わった人がいる地域だとは思っていました。

そして、その日も薄暗い中友達のアパートに向かうと、珍しくアパートの前に車が止まっていました。
こんなところに車が止まっているのは珍しいな〜とは思っていたのですが、まあ止まっていても、おかしくはないと思ったので、そのまま素通りで、アパートの二階の一番奥側の友達の部屋に入りました。

友達とはいつも通りご飯を食べながら、普通に話をしていました。
そして、「先にお風呂入ってきて良いー?」と言われたので、「君の家なのでお好きにどうぞ笑」と伝え、友達はお風呂に入りました。

僕はテレビ見ながら、くつろいでいたのですが、突然友達がお風呂からバスタオル一枚で飛び出してきたのです。
「どうしたの?!」って、聞くと顔を青ざめながら、外で女性が叫んでると言いました。
今にも殺されてしまうのでは無いかというくらいの声で「助けてー!助けてー!」と。

最初は冗談かと思ったのですが、この友達の表情から見て、嘘には思えなかったので、部屋のドアを開けて、二階から本当に聞こえるか聞いてみました。
すると…本当に女性が「助けて!助けて!」と叫んでいました。
これは本当にまずいと思い、警察に電話を掛けて、すぐに来てくださいと連絡しました。

数十分経つと、警察が来て、状況を全て話しました。
僕が一番気になっていたのは、女性が助かったのかです。
途中で、声が聞こえなくなったため、もしかすると…と思いまして。

警察からは、女性に問題はありませんとのことです。
それは良かったと思い、ほっとしました。
そこで、何があったのか逆に聞いてみました。

こちらのアパートなのですが、一階の人たちの部屋は柵が1メートル弱あるもので仕切られていて、そこを登るとベランダに繋がっています。
つまり、簡単に侵入しようと思えば侵入出来てしまいます。

実は…その今回の被害者の女性が帰ってきて、ベランダの方を見てみると、カーテン越しに影で、人が立っていたらしいです。
あまりの恐怖に外に出て、「助けて!」と叫んでいたそうです。

そして、周りに気付かれるとまずいと思い、消え去ったそうです。
本当何事もなく良かったと思います。

あと、ちょっと気になったことがあったので、アパートの下に降りてみたんですけど…車がありませんでした…。
多分、あの車の人が、犯人だったのではと思ったりしています。

因みに…その被害者の女性はそのあと数日経ってすぐに引っ越したそうです。

一階に住んでいて、柵が短いベランダにすぐに入れるようなアパートに住んでいる方は…お気をつけ下さいね…。

最後に、実は約1週間後に友達がこのアパートで…奇妙な体験をすることになります…続きはまたの機会に…。

はい…いかがでしたでしょうか?
僕の実体験です。
住んでいる方が居たら、申し訳ないので、地名は伏せておきます。
今でも思い返すとゾッとしますね。
幽霊よりも人間の方が怖いな〜と思いました😓

実体験で怖いの知ってるよ!って、方いましたら怖い話大好物なので教えてくれると嬉しいです!!

〜派遣型リフレ〜 横浜JKコレクション
横浜、関内、伊勢佐木長者町

電話番号
080-7296-2700

LINE
ID: jk-collection
line.me/ti/p/FEa2xl1raL

ツイッター

お店のアカウント
(@jk_collection_4)

アーミーアカウント
(‪@jcolle_army2 )‬

AYAアカウント
(‪@jcolle_AYA)